スタッフ紹介

– MESSAGE –

スタッフ一同、笑顔を絶やさず、皆様のご来院をお迎えいたします。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくスタッフにお問い合わせください。

院長・獣医師

DOCTOR

Okamura Kensaku

医は仁術であると古くから言われてきました。
動物医療も飼い主様, 動物を敬い知ることが大事だと考えます。
これからも知識・技術・心を磨き続け、動物に関するプロフェッショナルなアドバイザーとして、皆様に「ときわ木」の幸せと喜び、そして納得を感じていただけますよう真摯に取り組む所存です。どうぞご安心、ご信頼ください。

関心ある医療
難治性疾患に対する再生医療学および分子生物学の臨床応用、特に損傷した脊髄神経の機能回復について
目標・夢
なんでも相談できる、まちの動物博士になること

略歴

2005
大阪府立大学農学部獣医学科
(獣医統合生理学教室)卒業
2005~
北須磨動物病院 勤務
2012~
ときわ動物病院 開設

所属

  • 大阪府獣医師会
  • 動物臨床医学会
  • 大阪府立大学臨床研友会
  • 日本獣医再生医療学会
  • 日本獣医エキゾチック動物学会

学術研究

業績
  • うさぎの急性胃拡張のリスク評価におけるX線検査での大動脈径測定の有用性
    (Journal of Animal Clinical Medicine, 2016, 25(1), 16-20)
  • 肝葉捻転により食欲不振に陥った一例
    (VETERINARY BOARD, 2020, 19, 46-49)
症例発表
  • IL-3による脾臓交感神経の軸索伸展促進効果(獣医学会 卒業研究 卒業研究優秀発表賞受賞 2004)
  • うさぎの泌尿器疾患の40例(動物臨床医学会 2007)
  • 泌尿器系疾患を呈したうさぎの65症例(大阪府立大学臨床研友会 2008)
  • うさぎの肝葉捻転の1例(近畿地区連合三学会 2010)
  • うさぎの後天性横隔膜ヘルニアの1例(大阪府立大学臨床研友会 2011)
  • 超音波断層画像検査が診断に有用であった肝葉捻転のうさぎの1例(動物臨床医学会 2013)
  • うさぎの急性胃腸閉塞による胃拡張の14例(大阪府立大学臨床研友会 2014)
  • うさぎの急性胃拡張のリスク評価におけるX線大動脈径測定の有用性(動物臨床医学会 2014)
  • うさぎの虫垂炎の1例(動物臨床医学会 2015)
  • 貧血を呈したうさぎの26例(動物臨床医学会 2016)
  • レッグ・カルベ・ペルテス病の犬に対する骨温存的再生医療ケアの1例(日本獣医再生医療学会 2017)
  • 腸穿孔により発生した腹腔内膿瘍のうさぎの4例(大阪府立大学臨床研友会 2017)
  • チンチラ(Chinchilla lanigera)に発生した非定型抗酸菌症(動物臨床医学会 2019)

共同研究

  • うさぎの骨折80症例の発生状況と治療方法に関する考察(佐々井浩志 ほか 近畿地区連合三学会 優秀賞受賞)
  • うさぎの卵巣子宮疾患の101症例に関する検討(佐々井浩志 ほか 近畿地区連合三学会 奨励賞受賞)

スタッフ発表

  • 再生医療における動物看護師の新たな専門性(赤堀未来)(動物臨床医学会 2017)
  • 動物病院におけるノーズワークの導入:進行性網膜萎縮症の犬の生活の質の向上をみた一例(田積史子)
    (動物臨床医学会 2018)
  • ウサギの健康診断の実施とデータの検討(赤堀未来)(動物臨床医学会 2018)
ページトップへ