ときわの広場

ブラッシングについて🌼

こんにちは、トリマーの秋里です👩

3月以降にトリミングに来て頂いてる方にはお知らせ済みですが

7月末に出産の予定を控えさせて頂いてます👶🍼

6月末から出産育児に伴い、しばらくの間休業させて頂き

皆様にご迷惑をおかけ致しますが、復職予定していますので、

帰ってきた際には、また今まで通り仲良くしてください💝

 

さて、前回のhttps://www.tokiwa-v.com/tokiwa/8502/のお話の続きとして

もつれや抜け毛は日々のブラッシングで防いで欲しいのですが

もつれや抜け毛について、ブラッシングについて、又もつれや抜け毛が

出来てしまった場合に出来るお手入れなど紹介させて頂きます🐶

 

🐕抜け毛🐕

抜け毛には、抜け毛が多い犬種・少ない犬種とありますが、

少ないといっても全く抜けない訳ではありません⚡️

抜け毛が多い犬種としてあげられるのは、

柴犬やコーギー、チワワ、ダックス、ポメラニアンなど

す。

この子達は、ある一定の長さまで毛が伸びると伸び続けないダブルコートの犬種になり、

日本では春と秋の季節の変わり目で、犬の毛も生え変わるので、換毛期と言われていて、

特に春から冬にかけては、寒さから身を守る為の冬の毛から夏の毛へ生え換わる時期になり

一気に抜け換わるので一年で最も抜け毛が多い時期と言われています😖💦

ですが、小型犬などは、エアコンのかかったお部屋に居る事が多い為

一年中抜け毛が多い子も少なくありません😢💥

犬によっては様々ですが、主に脇やお尻、前胸などを中心に多いです👊

⚠️スリッカーブラシで表面上の抜け毛は簡単にとる事が出来ますが

皮膚から近い根元の方は簡単なブラシ作業では抜けきれないので、写真の様に

片手で毛をかき分けて、スリッカーブラシを内側に入り込む様にします💐

‼️抜け毛の多い時は、毛まみれになるので、予めゴミ袋を用意する事をお勧めします🙇🙏

 

🐩もつれ🐩

もつれが出来やすい犬種としては、プードル、シーズー、シュナウザーなどが

よく代表的に取り上げられていますが、チワワやダックスなどでも

耳の調子が悪くて足でよく掻いてしまってたり、抜け毛を放置してしまうと、

抜け毛同士が絡まりもつれてしまう場合などもあります🔥

抜け毛と同様、表面上だけのブラッシングでは、根元に潜むもつれは

簡単にとる事は出来ません😣💧

だからといって根元からガシガシとブラシを当てると、わんちゃんも

痛がりブラシが嫌いになったり、嫌いになる事でブラシを見せたりすると

噛んでしまう😡という非常に最悪な結末になり、トリミングに行くのも

嫌いになったりします😢

 

💈もつれが出来た時のブラシお手入れの仕方💈

もつれは毛が絡まっているので、ブラシで無理やりほぐそうとすると

痛がってしまうので、もつれが出来ても焦らずにゆっくりとほぐしてあげましょう。

 

上の画像の通りに①番でもつれがある場合、NGの様に根元からいきなりするのではなく、

②の様にもつれの先の方から徐々に解きほぐしていきます。

何度かブラシを端からいれていくと、③の様にもつれが無くなります🌼

もつれをスリッカーブラシでほぐした後は、残りが無いかコームを入れて

確認し、スーっとコームが通ればバッチリです💖

コームが引っかかる部分があるのは、もつれがまだ有るという事なので

再度毛を分けてもつれをスリッカーブラシでほぐして下さい🙇

また、お家でシャンプーを入れる際は、シャンプー前に抜け毛、

もつれが無いか確認した上でシャンプーを入る様にしてください 😎🚿

スリッカーブラシを使う際はわんちゃんの皮膚が赤くならない様に

皮膚の状態を見ながら無理なくしましょう😆🍀

 

もつれが多くあるとトリミング時に思い描いていた

カットが出来ないと言われ、もつれ具合によっては、かなり短めの

バリカンでの仕上がりをトリマーから提案されてしまいます☁️🌀

トリマーも出来る限り飼い主様のご要望を受け入れたいと思っていますが

わんちゃんの負担を考えると短くせざるを得なくなってしまうので

お家でのブラッシングを頑張っていただく事でより多くの

可愛いカットのデザインが豊富になっていきます🍭

 

 

ページトップへ