ときわの広場

もしもに備えて

動物看護師のつぶやき

こんにちは、半田です。相変わらず気温30度を超える暑い日々が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか☀️

ここ数日ですが、天気が急変し突然大雨が降った日が何度かありましたね。

院内から横殴りの激しい雨を見ながら少し考えていたのですが、皆様はもしもの災害時に備えて対策はしていらっしゃいますか?

2年前になりますが、西日本豪雨の際に私は初めて24時間以上の停電を経験しました。当時は季節的にまだ夏本番ではなかった為クーラーがなくても我慢がきく気温でしたが、今この季節に停電したらと考えるとなかなか苦しい状況になりそうですよね。動物さんと一緒に暮らしている場合、なおさら我慢だけで乗り切るのは厳しいでしょう。

そんなもしもの時に慌てなくていいように普段から準備を整えておきたいです。動物さんと暮らす飼い主さんはご自身の準備にプラスして動物さんの有事の際のグッズを揃えておくことが必要になりますね。

例えばねこちゃんを飼っていて、トイレは普段猫砂で済ませていたとします。ある日災害が起こり、避難所で生活をすることになったとすると、猫砂はかさばりますし多くは持っていけないですよね。そうなると普段の生活では使わないペットシーツを用意するといった工夫が必要になります。

もしも電気や水道などのライフラインが断たれたら?避難所へ行かなければならなくなったら?一緒に暮らす動物さんと離れ離れになったら?

色々なもしもに備えて何が必要か普段から考えておきましょうね🌻

 

 

 

ページトップへ