ときわの広場

ウサギ専門診療科78ーウサギの眼が飛び出してしまったらー

うさぎの診療うさぎ専門診療科

ウサギの眼球突出は、さまざまな理由によって発生します。

今回は外傷によって眼球が突出し(写真左)、外科的摘出が適応とも考えられたケースをご紹介します。

機能を失った眼球は、痛み緩和や感染予防を目的に外科的摘出を行うことがあります。

しかし患者の状態によっては麻酔は危険性が高く、また感染のある状態では周術期の状態に悪影響を及ぼすこともありえます。また摘出術は、見た目が変化することから、飼い主様にとっても辛い治療法です。

今回、麻酔処置は行わず治療し、飼い主様も治療看護を頑張ってくれ、温存することが可能でした(写真右)。見た目上も緩和的で許容範囲内にケアできたのではないかと満足しています。よく頑張ってくれました!

ページトップへ