症例紹介

ウサギ専門診療科12 膿瘍

うさぎ

こんにちは。樋口です。真夏日が続いていますが、
皆様、体調を崩したりしていませんか?

今日は膿瘍(のうよう)についてのお話です

膿瘍とは化膿して、膿が溜まった袋ができてしまう状態で、
アブセスとも呼ばれます

ウサギの膿は白~クリーム色、ドロッとした液体から
チーズのような固さのものまであって、
ワンちゃんネコちゃんの化膿した時とは、
見た目もだいぶ異なります

Cimg7204

写真は左前肢の肘の近くにできた皮下膿瘍です

表面にできたカサブタの下から白い膿が少量見えています。

このように身体の皮膚にできることもありますし、
歯が悪くて顎や頬にできることもあります。
足底皮膚炎(ソア・ホック)が悪化して、
足裏にできることもあります

膿瘍ができた場所によっては、
完治が難しく持病となることもあるので、
うまく付き合っていくことが必要です

それでも、早め治療が功を奏することが多いので、
見つけたらすぐに病院に連れて来てあげてくださいね

ときわ動物病院
ウサギ専門診療科
〒596-0823
大阪府岸和田市下松町3-4-1
TEL072-493-6710
https://www.tokiwa-v.com

 

ページトップへ