診療案内

基本方針
~5つの自由~

当院では、1960年代に英国で定められた国際的動物福祉の基本である「5つの自由」を診療の根本的な指針としております。
ただ動物を可愛がるだけでは、本当の意味で動物の目線に立っているとは言えません。
人間には、動物が精神的・肉体的にも健康で快適な環境を維持していく義務と責任があります。
そのための大切な指針が「5つの自由」に代表される考えです。

  • 01

    飢えと渇きからの自由

    十分に栄養のある食事が与えられており、いつでもきれいな水が飲めるようになっている状態。

  • 02

    不快からの自由

    飼育環境が常に清潔に維持されており、雨風や炎天下においても快適で、怪我をする心配がないこと。

  • 03

    痛み・傷害・病気からの自由

    常に病気にならないよう健康管理・予防が徹底されており、痛み、外傷などの兆候が少しでも見られれば適切な治療を受けられる環境であること。

  • 04

    恐怖や抑圧からの自由

    恐怖や精神的苦痛などで動物に多大なストレスがかかっていたり、その兆候が少しでも見られたりしたときには、原因を確認して適切な対応が取れること。

  • 05

    正常な行動を表現する自由

    動物がその習性に応じて、群れたり、離したりすることが必要な場合には、正常な行動を表現するための十分な空間・適切な飼育環境が与えられていること。

診療方針

  • 水平線の診療

    私たちは、動物医療の専門家チームとして日々の診療に携わっていると同時に、飼い主でもあり動物好きの集まりでもあります。
    チーム一同、ご家族様と気持ちを同じくしてご相談ができると考えています。

  • 両方向の診療

    私たちは飼い主様との対話を大切に診療して参ります。
    医療を受ける側、提供する側の両者にとって、信頼関係を築くことは安心のためにとても重要なことと考えています。

  • 上向きな診療

    私たちは勉強、学習することへの意欲を持ち続けます。
    日々進歩する獣医療と真摯に向き合い、目の前の動物に最善の治療を提供できるよう知識・技術の向上に努めて参ります。

診療対象動物

できる限りたくさんの動物種の相談をお受けできるよう努めております。
動物診療において動物の受けるストレスは大きな課題です。
当院では、予約優先診療による待ち時間の短縮や、待合スペースの工夫、診療時の工夫などによって、
この課題に取り組んでいます。

当院の特長はこちら

  • 愛犬との生活において、医療ケアも提供できる良きアドバイザーとして、お役に立てますよう診療しています。

    犬の診療について

  • 猫らしい豊かな生活を維持できますよう、幅広く対応させていただいています。

    猫の診療について

  • うさぎ

    うさぎ専門診療科です。
    専門的な知識と技術、そして経験を皆様の愛兎に活かします。うさぎ医療の進歩に取り組んでいます。

    うさぎの診療について

  • エキゾチックアニマル

    鳥・ハムスター・フェレット・カメなどその他の動物を飼われている方はこちらです。それぞれの動物に関して専門的な診療をご提供いたします。

    エキゾチックアニマルの診療について

診療内容

診療科目
犬猫全科診療、行動診療科、皮膚科(トリミング併設)、健康推進科、うさぎ専門診療科、エキゾチックアニマル診療科、再生医療科(犬、猫、うさぎ)
予防
狂犬病ワクチン、混合ワクチン(犬、猫)、フェレットジステンパーワクチン、フィラリア症予防、ノミ・ダニ予防、歯周病予防(歯磨き教室)、心のワクチン(パピークラス)
検査

院内臨床検査(血液検査、尿検査、便検査、レントゲン検査、超音波検査、そのう検査など)、外注検査(遺伝子検査、アミノ酸分析検査、アレルギー検査、内分泌検査、その他特殊項目検査、病理検査)、高次動物医療施設への紹介(microCT、CT、MRI 検査等)

検査を行う当院の治療設備

処置
各種臨床処置、抗がん剤内科処置、細胞療法処置、薬浴処置、うさぎ無麻酔下臼歯および切歯処置など
外科手術

時には外科治療が必要なこともあります。動物の年齢、外科的処置によって得られる効果や合併症、外科処置を選ばない場合の予測や代替療法、求める経過などを十分に相談させていただいた上で、動物福祉の5つの自由を考慮して方針を決め、外科治療を必要に応じて行っております。
私たちにとって、外科治療を行う際に最も大切なことは、治療の目的を明確にし、納得いく診療をうけていただくことだと考えています。

当院にて実施した手術実績

神経外科 椎間板ヘルニア手術
整形外科 橈尺骨骨折整復術、骨盤骨折整復術、前十字靭帯断裂整復術、股関節脱臼整復手術など
腫瘍科 体表悪性腫瘍切除術、脾臓腫瘍摘出術、副腎腫瘍摘出術、腎臓腫瘍摘出術、肝臓腫瘍摘出術など
消化器科 胃拡張胃捻転整復術、腸閉塞手術、胆嚢切除術、胆道変更術、門脈体循環シャント手術、生検手術、会陰ヘルニア整復手術など
泌尿生殖器科 腎生検、去勢、避妊手術、子宮蓄膿症手術、子宮悪性腫瘍摘出術、卵巣腫瘍摘出術、乳腺腫瘍手術など
呼吸器科 鼻孔拡張術、軟口蓋過長症手術
眼科 眼瞼腫瘤切除術、第三眼瞼突出(チェリーアイ)整復手術、眼球摘出術など
歯科 外科的犬歯矯正術、多根歯分割抜歯術、口鼻フィステル手術、乳歯抜歯術、下顎骨骨折整復術、顎嚢胞摘出術など
うさぎ専門診療科 去勢避妊手術、卵巣子宮疾患手術、精巣腫瘍手術、陰嚢ヘルニア手術、肝葉捻転手術、胃腸閉塞手術、股関節脱臼整復術、脛腓骨粉砕骨折整復術、脊椎骨折整復術、腹腔内膿瘍手術、体表腫瘤切除、体表膿瘍手術など
エキゾチックアニマル科 ハムスターの骨折整復術、ハムスターの体表腫瘍切除術、頬袋脱手術、ジリスの口腔内腫瘍切除術、モルモットの膀胱結石摘出術、モルモットの脛腓骨骨折整復術、チンチラの膀胱結石摘出術、チンチラの卵巣子宮摘出術、ハリネズミの卵巣子宮摘出術、セキセイインコの骨折整復術など

その他手術もご相談ください。

二次診療施設への紹介
MRIやCT検査、マイクロCT検査などの高度画像診断検査や眼内手術、心臓外科手術、脳外科手術等、高度専門医療が必要な場合は、大阪府立大学付属獣医臨床センターをはじめ、対応可能施設様をご紹介いたします。

再生医療について

当院では、難治性の疾患等における新しい治療法として再生医療を行っております。
再生医療とは、自家または他家の細胞を体外で培養増殖し、自然治癒力や自然免疫力を高め、利用する治療法です。

再生医療

ページトップへ