ときわの広場

「動物が好き!」と「動物が嫌い!!」

動物看護師のつぶやき

ご心配をおかけしました、風邪から完全復活の動物看護士の田積です。

今日は私がこの仕事をするにあたって、大切にしている言葉をお伝えしようかと。

それは、

「動物好きが動物嫌いを作っている!』

この言葉は私が専門学生の時代に、学校の先生から伝えられた言葉です。
とても衝撃的な言葉でした。

愛煙家もいれば、嫌煙家もいます。
愛煙家はどんどん肩身が狭くなり、嫌煙家に対しさまざまな配慮を求められています。

そして動物が好きな人もいれば、苦手や嫌いな人もいます。

愛煙家は配慮しているのに、動物好きは、動物嫌いの人の気持ちをあまり汲みません。

というか、きっと嫌いな気持ちが理解ができないんだと思います。
学生時代の私が典型的なその例w

でも、赤ちゃんの頃から動物が嫌いな人っていないはずです。

・公園でノーリードの犬に追いかけられた
・スーパーの前につながれている犬を触ろうとしたら噛まれた
・道端に落ちているうんちを踏んだ
・丹精込めて育てた花壇にうんちをされた
・玄関の前におしっこをされた
・干した洗濯物に近所の犬の毛がいっぱいつく

など様々なことが理由で動物が嫌いになってしまったんだと思います。
でもこれって動物が悪いんじゃないですよね。

飼い主が他の方に配慮できていれば防げることです。
そして、悲しいことにその動物への恨みが時として、動物虐待につながることも。

そのようなことにならない為にも、動物が好きで一緒に暮らしている方々は、
好きじゃないかもしれない方々へも、心を寄せてもらえるようお願いしたいです。

自分の愛するペットを『悪者』にしたい人はいませんよね?
自分のペットを、地域のみんなから愛されるペットにできるのは飼い主さましかいません。

もしかしたら私のこの行動が、他の人の迷惑につながっていないかな?
と立ち返っていただける機会となりますように。

このお仕事をさせていただいている者として、動物が好きな一飼い主として、
動物を悪者にしない世の中になるように!と思い日々暮らしています。

いつの日か、公園から『犬の散歩禁止』の看板がなくなりますように
いつの日か、『動物が嫌い』という人がいなくなりますように

ときわ動物病院
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710
(電話のかけ間違いにご注意ください)

動物看護師:田積(タヅミ)

ページトップへ