ときわの広場

初級クラスの様子と犬の問題行動について

ジュニア・初級・ステップアップクラスしつけ教室

今回は、11/17(火)初級クラスから

前回カウンセリングを行ったM・シュナウザーのくうちゃんが実践のトレーニング開始です

初めてのトレーニングなのに、それが嘘のような「デキ」でした
くうちゃんの性格もあるとは思いますが、犬種の特性もあるのかなと思います

少し前、警察犬のM・シュナウザーが誕生したのがテレビなどでも報道されていました。
M・シュナウザーは物怖じををせず、忍耐強く、お利口さんな犬種。

そんなお利口さんだからこそ、「何かしたい!」というそのお仕事欲を満たしてあげないと、
自分でお仕事を探してきたり(大体は人にとっては迷惑なことw)、
何もすることがないと常同行動などの問題行動を起こしてしまうことも。

常同行動とは、目的もなく同じ行動や行為を繰り返し行うことを言います。
犬の常同行動は、まだまだ研究途中ですが、
人の強迫性障害(潔癖性で何度も手を洗うなど)と似ているのではと言われています。

ですので、しっかりとわんちゃんの「何かやりたい!!」を満たしてあげる必要があります
それはM・シュナウザーに限らず、どんな犬種でも必要なこと。

ペットショップで「ケージで飼える」とか「留守番が12時間でも大丈夫!」
と言われたという話をたびたび聞きます。

それを聞くたびに私はとても悲しくなります。
そりゃ「生きてはいける」でしょうけど…

人の子どもでも、水と食べ物さえ与えていれば生きてはいけるでしょう。
でもそれって健全に育っているのとは違うと思うんです。
親子の触れ合いや、学校に行ってお勉強をすること、お友達と遊ぶことなどをしてこそ健全なのでは?と思います。

犬という動物は、時間も手間もかかる動物です。
そしてかけた時間と手間はたくさんのHAPPYで返してくれる動物です。
どうか時間と手間をかけられる人が飼ってください

くうちゃんは、しっかりとお散歩も行ってもらって、遊んでもらって
そんな問題行動は全くないのですが、
今回のクラスで「何かやりたい!!」を発揮できてとっても楽しそうでした
わんちゃんにとって大好きな飼い主さんと色んなことができることが、何よりの喜びなんやろうなぁと感じましたよ

では今回の内容を少しだけ

☆体を触る練習


とっても上手にどこでも触らせてくれています!

☆歯を見る練習
歯も上手に見せてくれましたよ
めざせ!歯みがき

☆ブラッシング

☆おすわり、伏せをOKまで続ける

☆アイコンタクト
名前を呼ばれたら、顔を見ることや自発的に飼い主さんを見る習慣をつけていきます

☆トンネル
大好きなお姉ちゃんと一緒にトンネルくぐり

楽しそうに行ったり来たりしていました

くうちゃんには宿題をお出しして、1回目のレッスンはおしまい
飼い主さま、くうちゃんお疲れさまでした~

1頭、1人HAPPYなわんこと飼い主さまが増えますように
そしてUNHAPPYなわんこが減りますように

ときわ動物病院
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710
(電話のかけ間違いにご注意ください)

動物看護師:田積(タヅミ)

ページトップへ