ときわの広場

ウサギ専門診療科45 乳腺腫瘍

うさぎの診療うさぎ専門診療科

こんにちは 樋口です

今日は乳腺腫瘍のお話です

ウサギさんの乳首って何個あるかご存知ですか

個体差はありますが、4~5対(8~10個)あります

その内、どの乳腺で腫瘍ができてもおかしくないですし、
同時に何個も腫瘍化することもあります

そして、厄介なことに、ウサギさんの乳腺腫瘍は
悪性の確率がとても高いんです

悪性とは、簡単に言うと「癌」です

リンパ節や肺、その他の臓器への転移も起きます。
治療は、外科手術が第一選択です

レッキスのゴマちゃんは、2才7ヶ月齢で乳癌を発症し
外科手術となりました

手術から約1ヶ月で他の乳腺への転移が見つかり
再手術

2度目の手術となると、飼い主様としては、
躊躇されることがあっても仕方がないと思うのですが、
ゴマちゃんの飼い主様は、潔く即決されました!!

何よりゴマちゃんの事を想っての判断でした

その甲斐あって、ゴマちゃんは今
しっかりご飯も食べて、元気にしています

ゴマちゃん、飼い主様の応援を受け、
本当によく頑張りました

乳腺腫瘍は、適齢期に避妊手術をする事で、
発症のリスクを下げることができます
もし、避妊手術をせずに年齢を重ねていたら、
乳腺にしこりがないか、普段からよくみてあげましょう
早期発見・早期治療がとても大切です

ときわ動物病院
ウサギ専門診療科
〒596-0823
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710

ページトップへ