ときわの広場

ウサギ専門診療科43 斜頸のその後

うさぎの診療うさぎ専門診療科

こんにちは 樋口です。

今日は、以前「ウサギ専門診療科35 斜頸」でお伝えした
うさまるちゃんのその後について書こうと思います

今年3月に斜頸を発症し、
ローリング(ぐるぐる回ってしまうこと)や
ふらつきにとても苦しんでいました

4月には頭が常に左側に傾いたままという
後遺症があるものの、
自分で食べたり歩き回ったりできるまでに
回復していました

そして、今月(8月)、久しぶりのご来院で驚きました

頭の傾きがかなり改善していたんです

体重も増えて、体調も良好
毛艶も良くなりました
ケージと床の段差もジャンプしようとするそうです。

こんなに傾きが戻ったのは、
内耳神経に起きていた炎症が落ち着いたことが
考えられますが、それ以上に、
飼い主様が首回りのマッサージを続けてくれた
おかげだと思います

斜頸になると、ずっと同じ方向に頭が傾いたままに
なるので、どうしても首回りや肩周りが凝ります

その凝ってしまった筋肉の緊張をマッサージで
和らげてあげることは、とても大切なことなんです

後遺症があっても健気に生きるうさまるちゃんに、
優しくマッサージをしてあげ続けた結果、
ここまで回復しました

素晴らしい!!

斜頸はどんなウサギさんでも発症し得る病気です。

もしも発症したとしても、ウサギさんと一緒に、
病気と上手に付き合いながらHappyに
過ごしてもらえたらなぁと思います

ときわ動物病院
ウサギ専門診療科
〒596-0823
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710

 

ページトップへ