ときわの広場

東京出張  学会に行ってきました。

院長のつぶやき

こんにちは、岡村です。

桜がポツポツと咲き始めた岸和田です
先日21,22日と、東京へ学会にいってまいりました
22日の診療は不在により皆様にご迷惑をおかけいたしました。
人生初の「一人ぼっち東京」。
少しドキドキしましたが、大きな戸惑いもなくすごせました。
今まで近場のセミナーや学会だけでしたので、
出張というものに憧れていましたが、移動だけでも結構くたびれるものですね
帰ってくるとヘトヘトでした。
世の中の出張人の皆様、いつもお疲れ様です

会場はスカイツリー近くの両国。

ホテルは都庁のある新宿。
まったく東京の土地勘はありませんが、全て線路でつながっていて
23区内どこへいくにもそんなに時間がかかりませんでした。
乗り換え電車もすぐに来ますし。便利なまち、東京。

今回の出張は日本獣医再生医療学会です
同日にこれまた東京で、エキゾチックペット研究会もあったのですが、今回は泣く泣くこちらへ。

今では再生医療に対するご家族の理解も深まり、臨床現場で行う治療の一つとなり、当院でも行っております。
この治療は様々な分野で応用されており、
内科疾患における難治性疾患での適応やステロイドからの離脱、
外科治療の代替、
ガン免疫細胞療法の効果など、数々の症例報告があがり、とても興味深く、これからも期待される分野です。
診断・適応の見極めが何よりもとても大切です
心臓弁や血管などの獣医療工学も含め、現在この分野は大きく動き出していることを確認しました。
最後は治療が倫理的に行われ、暴走を防ぐためのガイドライン作成、法律に関することなどが話され充実した学会でした。

今回わかったこと
出張に行ったお父さん、お母さんは、いつもの体のリズムと異なっているので、けっこう疲労しています。
帰ってこられたら、優しくねぎらってあげてくださいね

ページトップへ