ときわの広場

ウサギ専門診療科7 足底皮膚炎

うさぎの診療うさぎ専門診療科

こんにちは。樋口です。

今日はウサギさんでよくみられる足底皮膚炎についてのお話です。
ソア・ホックと言う方が、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
後肢の足裏が一部脱毛して、たこができてしまう病気です。

Photo_5

さらにそこから悪化すると、出血したり、
膿がたまってしまうこともあります。

Photo_6

硬い床材の上で生活することで、
足裏に過剰な圧迫がかかることが原因です。

金網のすのこや、最近ではプラスチックのすのこで
この足底皮膚炎になってしまうウサギさんも多いように感じます。

治療ですが、まずは床材の変更が何より大事

木のすのこに変えてもらったり、
乾草で編んであるマットをすのこの上に
置いてもらうのも良いと思います

その上で、症状が進んでいる場合は、
足底にクッションを入れて靴下のように
保護する場合もあります

Photo_7

この靴下作戦、飼い主様には結構好評です。

見た目が可愛らしいいこと以外にも、ウサギさん自身も、
それほどストレスを感じずにいつも通り生活してくれること
が多いからだと思います。

写真でピンク色の靴下をはいているティアラちゃんは、
2週間で毛がはえそろいました。

皆様も足裏は、なかなか普段から見えにくい部位だとは
思いますが、時々、異常がないか確認してあげてくださいね。

ときわ動物病院
ウサギ専門診療科
〒596-0823
大阪府岸和田市下松町3-4-1
TEL072-493-6710
http://www.tokiwa-v.com

 

ページトップへ