ときわの広場

開院後1年がたちました。

院長のつぶやき

こんにちは、岡村です。

暖かい日が多くなり、過ごしやすい季節になりましたね
お散歩日和です
去年、あたたかくなり始めたちょうどこの時期の3月8日に当院は開院いたしました。

どんな子たちと出会えるか楽しみで、会ってみるとみんなユニークで、
しっぽふりふり病院に入ってくれる子や、
もちろんウーウー不機嫌で文句を言う子もいますが
そういいながらも、しゃあないなと診察室に入ってくれる様子には
よしよしとしてやりたくなります
顔をすりつけて喉をゴロゴロならす猫ちゃんがいれば、恐がりで攻撃的な猫ちゃん
診察台の上で、一蹴りでよって来てくれ、手を舐めてくれるウサギさんがいれば、泣き出してしまうウサギさん、
つかまれるまではご機嫌な鳥さんたち、好奇心旺盛なフェレットさん、
他にもハリネズミさんやモモンガさん、ハムスターさんなど、
助ける事のできた命、悔しくも助けられなかった命、病気と闘うということ。
飼い主さんも、素敵な明るい方ばかりで、
まだまだ人として学ぶことが多く、
一期一会な出会いに心から感謝いたします。

明日からは2年目となる当院。
予約優先制の導入をはじめ、様々な新しい取り組みをして参ります。
どうぶつの健康を守りながら、悪いところは治し、あるいはケアを続け、
地域の皆様にますます動物のことをわかってもらえますよう、
しつけ教室や病態への理解を深めるための飼い主さん向けセミナーの充実を通して、
飼い主さんもまた心身ともに健康で幸せに過ごせます様、
スタッフ一同、これからも懸命に励んで参ります。
今後ともよろしくお願いいたします。

病院のお花がちょっとかわりました。とてもいい匂いがします。

Photo

 

ページトップへ