ときわの広場

ハムスターさんの治療選択肢

エキゾチックアニマルの診療エキゾチックアニマルの症例

こんにちは。岡村です。
いよいよオリンピックが開幕ですね
無理しない程度にライブでみたいと思っています。

今日は、ジャンガリアン・ハムスターのプーちゃんのお話です。
ハムちゃんは微笑ましい名前が一番多いと思います

プーちゃん、おなかにでっぱりができちゃって気にしているというご相談。
しこりなのか、ヘルニアになっているのかをまず調べました。

消化管造影エックス線検査や
超音波検査ででっぱりへの血流等を確認。

20120727_172646

ヘルニアではないことがわかったので、切除することになりました。

20120727_170727

無事切除に成功し、今では再発なく順調に過ごしてくれています
途中で傷口かじっちゃったけど
きれいになってきたね。やったぜ、ぷーちゃん

Cimg2893

20120727_170518

小さな動物さんは、少量の出血でも命取りになりますし、麻酔管理もわんちゃんや猫ちゃんと
同様にはできません。
それでも、生活の質をおとしめているものが明確にわかったのならば、
外科治療を選択肢の一つに考えています。

ページトップへ