ときわの広場

ハムスターの病気

ハムスターの基礎知識

不正咬合
<原因・症状>
金網のケージ等を常にかじることで歯根部に炎症が起こり歯が変形したり、カルシウム不足や柔らかいものばかり与えて歯が削れないといった原因でかみ合わせが悪くなり、ひどくなると伸びた歯が歯肉や皮膚に刺さってしまいます。

<治療・予防>
傷ついた部位は消毒し、感染を防ぐため抗生剤を投与します。伸びた歯を定期的に切ることが必要です。
栄養不良にならないよう、また柔らかいものばかり食べさせないようにして予防しましょう。

皮膚疾患
・ニキビダニ
<原因・症状>
ニキビダニは全身の皮脂腺や毛包にいますが、ストレスや免疫力の低下、臓器の疾患等が原因でニキビダニが増殖して脱毛や炎症を引き起こします。

<治療・予防>
外用駆虫剤や内服薬で駆虫します。発症の原因となっている疾患があればその疾患を治療します。

・アレルギー性皮膚炎
<原因・症状>
スギのチップはアレルギーを起こすことがあります。耳や内股、鼻等に赤みを帯びた炎症を起こし、痒みを伴います。

<治療・予防>
痒み止めや抗生剤を投与します。原因がスギのチップと考えられればポプラ等の広葉樹のチップに変えます。

マイボーム腺腫
<原因・症状>
眼瞼の内側にあるマイボームという分泌腺が炎症を起こしたり分泌物が詰まったりして腫瘤ができます。

<治療・予防>
外科的に切除する方法や温存療法も考えられます。

そのほかにも様々な病気があります。適切な予防、早期発見・治療で病気から守りましょう。
気になる症状があれば早めに診察しましょう。

ページトップへ