ときわの広場

コミュニケーションについて

フェレットの基礎知識エキゾチックアニマルの診療

フェレットは条件反射的に動くものにかみつきます。
また、おなかがすいているときやびっくりしたときにも人をかみます。
フェレットに接するときはまず声をかけ、座って両手でゆっくり抱きあげましょう。
尾部を持つのは脱臼や骨折の原因になるので厳禁です。

<グルーミング>
フェレットは自分で毛をなめて毛繕いしますが、猫のように体内にたまった
毛玉を吐き出すことができないので、特に夏毛と冬毛の変わる時期にはブラッシングをしてあげましょう。

<歯みがき>
口の中のチェックも兼ねて、歯みがきをしてあげましょう。
歯みがきといってもごしごしするのではなく、コットンや布を使って動物用の歯みがきペーストをつけます。

<運動>
フェレットは社交的で遊び好きです。ストレス発散、体力・筋力の維持のためにも、
いっしょに遊びながら運動をさせましょう。
毛布やシーツにもぐったり、紐のついたおもちゃやボールを追いかけて遊びます。

 

ページトップへ