ときわの広場

ごはんについて

ハムスターの基礎知識エキゾチックアニマルの診療

健康のためにとても重要なもの

●ペレットを主食に
ハムスターに必要な栄養成分をバランスよく配合したペレットを与えましょう。
エサの量はゴールデンハムスターなら1日に10~15gが目安です。

●ひまわりの種はあげすぎ注意
ひまわりの種はハムスターの大好物。食欲のないときや、コミュニケーションの手段として使えます。
しかし種子類は脂肪分が多く肥満のもとになります。
ペレットを一緒にあげていても好きなものから食べてお腹いっぱいになってしまい、栄養が偏ることも考えられるます。与え方に気をつけましょう。

●動物性タンパク質も補助
野生のハムスターは昆虫などの動物性のエサも食べます。ゆで卵の黄身やペット用として売られている煮干しやチーズ、ミルワームなどをたまにあげてもよいでしょう。

●食べさせてはいけないもの
人間のお菓子(クッキーなど)は糖分や脂肪分が多く肥満や内蔵疾患の原因に。
チョコレートは中毒を起こす成分が含まれています。
ネギやタマネギも有害成分を含みます。
牛乳に含まれる乳糖は分解できないため、下痢を起こしてしまいます。

ページトップへ