ときわの広場

住まいについて

ハムスターの基礎知識エキゾチックアニマルの診療

元気で安心して過ごせる家をつくりましょう

●適した床材
綿や布は爪や足がからまって怪我をする危険性があります。
市販のウッドチップは入手しやすく、保温性や吸水性にも優れていますが、パインチップなどの針葉樹製はアレルギーを起こす可能性もあります。
牧草は入手しやすく安全性もありますが吸水性があまりよくないので、たっぷり敷き詰めてあげましょう。

●梅雨対策
ハムスターは蒸し暑さや湿気が苦手です。除湿器を使う、風通しを良くするなど、温度・湿度管理をしましょう。
ハムスターに適した湿度は50-60%です。(エアコンや扇風機の風は直接当てないように。)
また、梅雨〜夏は皮膚病やコクシジウム症なども発症しやすいので、掃除をこまめに行ない清潔に保ちましょう。

●種類や個性に適した住まい
ゴールデンハムスターは複数飼育ではけんかをしやすいので、単独で飼育しましょう。
ジャンガリアンハムスターは複数飼育が可能ですが、オスはなわばり意識が強くけんかになる可能性があります。メス同士でも、相性が悪い場合は注意が必要です。

ページトップへ