症例紹介

ウサギ専門診療科35 斜頸

うさぎ傾いている

こんにちは樋口です

今日は斜頸についてのお話です

斜頸というのは、文字通り
首が斜めに傾いてしまう症状のことで
右に傾く場合も左に傾く場合もあります。

ある日突然発症し
バランス感覚がとれなくなってフラフラしたり、
一方方向に旋回したり、
転んだ勢いでぐるぐる回るローリングを
起こしたりします
眼振が出る場合も有ります

原因はエンセファリトゾーンや細菌などが
内耳神経に炎症を起こすことが挙げられます

それぞれの原因に合った積極的な治療と
ご自宅での厚い看護が必要になります

お薬を飲ませてもらうことはもちろん
食欲が無ければ給餌をしてもらったり、
生活環境を整えてもらったり…

それでも中には頭の傾きが後遺症として
残ることもあります

後遺症があっても少しずつ生活に慣れて
自分の進みたい方向に進んだり
ご飯もしっかり食べられるようになって
頑張っているウサギさんがいます

お写真のうさまるちゃんも、
飼い主様の温かい看護のおかげで
急性期を乗り切り、今では元気に
生活しています

こういう姿を見る度に、
ウサギさんの生きようとする底力を
感じずにはいられません

そんな健気に一生懸命生きている
ウサギさんたちの助けになれるよう
私も日々精進しようと改めて思う
今日この頃です

ときわ動物病院
ウサギ専門診療科
大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710

ページトップへ