症例紹介

ウサギ専門診療科31 ご長寿ウサギ

うさぎ

こんにちは樋口です。

今日は当院一のご長寿ウサギさんのご紹介です

ライオンヘッドラビットのジョーくん
12歳6ヶ月齢です。

今は横になって過ごすことが多いのですが、
しっかりご飯を食べて元気にしています

ジョーくんが毛繕いしたくても届かないところは、
飼い主様がキレイにブラッシングしているため、
毛艶もよくて、ライオンさんらしいタテガミも
ふわふわです

近年では、ペットウサギの寿命は7年以上まで延び、
10年を超すウサギさんも見かけるようになってきました。

ヒトの世界の平均寿命は男女合わせて70歳
日本は世界一で84歳
(世界保健統計2014による)

これに照らし合わせてみると…
12歳6ヶ月齢はヒトでは100歳超えでしょう

素晴らしい

一方で、こんな風にウサギさんの寿命が長くなってくると、
ヒトと同じように介護の問題が出てきます

足腰が弱ってくれば、以前は平気だった段差に、
つまずくこともありますし、
寝たきりになれば、排便排尿の汚れや床ずれ
食餌や飲水の補助が必要です

ジョーくんは居心地の良いようにと、
柔らかいフカフカのマットの上で、
愛情のこもった丁寧なお世話をしてもらっているため、
褥瘡(床ずれ)も全くありません

これからの余生も、たくさんの愛情を受けながら
13歳, 14歳を目指して
元気に長生きして欲しいなぁと思います

ときわ動物病院
596-0823 大阪府岸和田市下松町3-4-1
072-493-6710

ページトップへ