症例紹介

整形外科1 犬の前十字靭帯断裂

こんにちは、岡村です。

多くのスポーツ選手がよく怪我をする場所に靭帯があります
日常生活を営む人でも、高齢になり、ちょっとしたきっかけで靭帯を損傷することはあるようです。
靭帯は体のいろんな場所にあり、骨と骨をつなぎ、関節を形成します。

わんちゃんが後ろ足の跛行を示す場合、
必ずチェックしなくちゃならない靭帯のひとつが、前十字靭帯です
大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつなぐ膝にある靭帯です。
靭帯を構成する組織に変性がおこっているため、靭帯が損傷を受けやすくなり、
断裂してしまうこともしばしばあります。
関節液の増量や、膝の不安定をまねき、継続して跛行が見られる疾患です。
これの放置は、変形性関節症を導き、生涯にわたりQOL「生活の質」を保てないことも考えられます。

このため、この疾患は外科治療が対象になることも多い疾患です。
超大型犬には、アメリカで開発されたTPLOなどの術式が良いようで、
日本でも整形外科の2次診療施設など、専門医のもとで手術が可能です。
僕も幸いに実際にこの手術を見た事がありますが、
知識、経験、器具が必要な難しい手術で、僕は行っていません。

ある程度の体重までは、従来の術式でも、問題なくQOLの維持が保てると考えます。
断裂のあった、クーちゃん。
とてもかわいい愛嬌いっぱいのJRテリアさん。
ご主人の「気持ちよく走らせてあげたい」の思いから、外科治療を選択されました。
関節外法という術式により治療し、
日に日に上手に脚を使い、負重も十分にできている様子をみて、
やってよかったと心から感じます
慌てず、確実にリハビリしようね、クーちゃん

20130215_200644

ページトップへ